軽自動車のキャンピングカーって聞いたことはありますか?


軽自動車のキャンピングカーって聞いたことはありますか?普通、キャンピングカーというとトイレやキッチンもあるような大きな車を想像しますよね。ところが、
軽自動車と言っても、キャブコン型なら中は以外に広く、スライド式のベッドなら大人2人が寝る事だって可能です。さすがにトイレは無理ですが・・・。
軽自動車のキャンピングカーなら、シニアカップルの温泉めぐりや、ペットを連れた独身女性の気楽な一人旅にもぴったりですね。
通常のキャンピングカーだと500万円はしますが、軽自動車の場合だと200万円台で買えてしまいます。
軽自動車ということもあり、ガソリン代・保険料・車検料金などの維持費が、通常のキャンピングカーに比べて安いのも魅力です。
軽自動車のキャンピングカーの長所は、経費が安いだけではありません。見た目の可愛さはもちろん、小回りも利くし、駐車場にも困ることはありません。
だんだん軽自動車のキャンピングカーが欲しくなって来たところで、どうすれば手に入れることができるかを紹介します。
軽自動車のキャンピングカーは、普通のディーラーでは扱っていないので、専門店を探すことになりますが、ネットや雑誌を見て問い合わせをしてみましょう。
それから、自分の持っている軽自動車のワゴンを業者で改造をしてもらう方法もあります。腕に覚えがある人は、自分で改造にチャレンジしてみるのもいいかも・・・。
軽自動車のキャンピングカーが活躍するのは、キャンプだけではありません。釣りに行くときも、小さな車しか入れないような埠頭や渓流の入り口まで行くことができます。
旅先のグルメスポットを回るときにも、店先の駐車場やコインパーキングにも停めることができるので行動エリアも一気に広がります。
これでは、活動的な女性も放っておくわけには行かないですね。

キャンピングカーの軽自動車版と言われても、ちょっと想像がしにくいと思います


キャンピングカーの軽自動車版と言われても、ちょっと想像がしにくいと思います。実は、これが今ちょっとしたブームになっているのです。
子供や女性なら寝ることもできますし、スライド式のベッドにすれば大人2人だって大丈夫です。冷蔵庫は無理でも、簡易型のキッチンだって付いています。
取り回しの楽さで団塊の世代や、独身女性の一人旅にもぴったりです。
キャンピングカーというと、500万円以上が相場ですが、軽自動車のキャンピングカーなら300万円しないで手に入ってしまいます。
軽自動車ということもあり、ガソリン代・保険料・車検料金などの維持費だってかなり経済的なのも軽キャンパーの魅力です。
それ以外にも軽キャンピングカーのメリットはたくさんあります。例えば、小回りが利くし、洗車もラク、駐車場だって困りません。
ところで、軽自動車のキャンピングカーなんてどこで手に入るのでしょうか?
まず、ディーラーで購入する場合ですが、普通のディーラーや中古車店では扱っていないので、ネットや雑誌で専門店を探して資料請求をしてみましょう。

軽自動車のキャンピングカーを手に入れたら、あなたのフィールドはさらに広がりを見せるでしょう。コンパクトなボディを活かして、釣りやバードウオッチング、自然の中での写真撮影と楽しみは広がります。
とは言っても、いつも自然の中に行くわけでもないですよね。そんな時も軽のキャンピングカーなら安心。店先の駐車場やコインパーキングにも停められるのでショッピングにも活躍してくれます。
これがアウトドアな男性だけでなく、若い女性にも人気がある秘密なのかもしれません。

軽自動車のキャンピングカーなら、シニアカップルの温泉めぐりや、ペットを連れた独身女性の気楽な一人旅にもぴったりですね。


キャンピングカーは知っているけど、それの軽自動車版なんてあるの?初めに軽自動車のキャンピングカーの話を聞くとほとんどの人がそう言います。
車種によっては、軽自動車でも2畳ほどのスペースがあり、簡易型のキッチンや、スライド式で大人2人が寝られるくらいのベッドもあります。
軽自動車のキャンピングカーなら、シニアカップルの温泉めぐりや、ペットを連れた独身女性の気楽な一人旅にもぴったりですね。
通常、キャンピングカーを買う場合の予算は500万円を見なければいけませんが、軽自動車ならば200万円台で入手できるのです。
キャンピングカーと言っても、元は軽自動車ですからガソリン代・保険料・車検料金など維持費もかなり安いのも魅力です。
軽自動車のキャンピングカーなら経費が安いだけではなく、小回りも利くし、軽自動車専用の駐車場や立体駐車場にも入れるなど、様々な長所があります。
それでは、軽自動車のキャンピングカーをどこで手に入るかを紹介しましょう。
意外なところで、ネットオークションで売られていたりもしますが、まずはディーラーで購入する方法を考えましょう。ただし、一般のディーラーでは扱っていないので、ネットや雑誌で軽自動車のキャンピングカー専門店を探してください。
それから自分で持っている軽ワゴンを業者に持ち込んで改造をしてもらうこともできます。自分の好みや予算に合わせて改造できるのが良いですね。
小さな車しか入れないような埠頭や、渓流の入り口までも行けるので、釣りをする人にも軽自動車のキャンピングカーはうってつけです。

これが、アウトドア派の男性だけではなく、シニア層や若い女性にも注目されている大きな理由なのかもしれません。

500万円以上が相場のキャンピングカーですが、軽自動車ならば200万円台で買えてしまうものが多いですね。


初めに軽自動車のキャンピングカーの話を聞くと、だれもが「キャンピングカーは知っているけど、軽自動車なんて小さすぎるでしょ?」といいます。
略して軽キャンパーとも呼ばれますが、車種によっては女性なら寝ることが出来るくらいのベッドや簡単なキッチンだってあります。

500万円以上が相場のキャンピングカーですが、軽自動車ならば200万円台で買えてしまうものが多いですね。
ガソリン代や車検料金、高速料金なども通常のキャンピングカーに比べるとかなり経済的です。なにせ軽自動車ですから(笑)。
軽自動車のキャンピングカーなら経費が安いだけではなく、小回りも利くし、軽自動車専用の駐車場や立体駐車場にも入れるなど、様々な長所があります。
さて、肝心の軽自動車のキャンピングカーはいったいどうしたら手に入るのでしょうか?
まずディーラーで買う方法がありますが、軽自動車のキャンピングカーは、通常のディーラーや中古車店では扱っていないので、ネットなどで専門店を調べて行きましょう。
それから、通常の軽ワゴンを改造する場合ですが、専門の業者に持ち込んだり、自作でオリジナルの軽自動車キャンピングカーを作ってしまったりというのも楽しいですね。
せっかく軽自動車のキャンピングカーを手に入れたら、キャンプだけではもったいありません。コンパクトなボディは、釣りやバードウオッチング、登山やスキー、そして温泉めぐりとあなたのフィールドを広げてくれます。

これがアウトドアな男性だけでなく、若い女性にも人気がある秘密なのかもしれません。

車種にもよりますが軽自動車でも2畳ほどの広さに女性なら寝られるくらいのベッドや簡易型のキッチンもあります。


軽自動車にもキャンピングカーがあるって知っていますか?キャンピングカーというと、その中で生活もできるイメージなので、軽自動車となると想像しにくいかも知れません。
車種にもよりますが軽自動車でも2畳ほどの広さに女性なら寝られるくらいのベッドや簡易型のキッチンもあります。
軽自動車のキャンピングカーなら、シニアカップルの温泉めぐりや、ペットを連れた独身女性の気楽な一人旅にもぴったりですね。
通常のキャンピングカーだと500万円はしますが、軽自動車の場合だと200万円台で買えてしまいます。
車体価格だけでなく、ガソリン代や車検料金など、通常のキャンピングカーに比べるとかなり経済的です。
それ以外にも軽キャンピングカーのメリットはたくさんあります。例えば、小回りが利くし、洗車もラク、駐車場だって困りません。
さて、軽自動車のキャンピングカーが持つ魅力は十分に伝わりましたでしょうか?それでは、手に入れる方法を紹介します。
意外なところで、ネットオークションで売られていたりもしますが、まずはディーラーで購入する方法を考えましょう。ただし、一般のディーラーでは扱っていないので、ネットや雑誌で軽自動車のキャンピングカー専門店を探してください。

軽自動車のキャンピングカーを手に入れたら、あなたのフィールドはさらに広がりを見せるでしょう。コンパクトなボディを活かして、釣りやバードウオッチング、自然の中での写真撮影と楽しみは広がります。

軽自動車のキャンピングカーが秘かな人気を集めています。


軽自動車のキャンピングカーが秘かな人気を集めています。「軽のキャンピングカー?そんなの無茶だよ。」という声が聞こえてきそうです。
2畳ほどのスペースは、中に入ってみると以外に広く、トイレや2段ベッドこそないものの、女性なら寝ることもできるベッドや簡易キッチンも付いています。
アウトドア志向の男性だけではなく、なんと独身の女性からも注目されている軽自動車のキャンピングカー。
通常のキャンピングカーだと500万円はしますが、軽自動車の場合だと200万円台で買えてしまいます。
軽自動車ということもあり、ガソリン代・保険料・車検料金などの維持費が、通常のキャンピングカーに比べて安いのも魅力です。
金銭面の魅力以外にも、軽自動車のキャンピングカーのメリットは、洗車がラク、運転がしやすい、駐車場に困らないなどが挙げられます。
軽自動車のキャンピングカーが持つ魅力について紹介をしたところで、いよいよその手に入れ方です。
まず購入する場合ですが、通常のカーディーラーや中古車点では扱っていることが少ないので、軽自動車のキャンピングカー専門店をさがすところから始めます。
もうひとつの方法は、普通の軽ワゴンを改造してしまうというものです。専門の業者もありますし、腕に自身がある人は自作に挑戦してみるのもいいですね。
コンパクトなボディと広い車内は、キャンプだけではなく、登山やスキー、バードウオッチングなど様々なシーンで活躍します。
旅先のグルメスポットを回るときにも、店先の駐車場やコインパーキングにも停めることができるので行動エリアも一気に広がります。
アウトドア派の男性だけでなく、若い女性やシニア層にも受けているのは、そんなところも理由なのかも知れません。

初めに軽自動車のキャンピングカーの話を聞くと、だれもが「キャンピングカーは知っているけど、軽自動車なんて小さすぎるでしょ?」といいます。


初めに軽自動車のキャンピングカーの話を聞くと、だれもが「キャンピングカーは知っているけど、軽自動車なんて小さすぎるでしょ?」といいます。
軽自動車のキャンピングカー、略して軽キャンパーと呼ばれることもありますが、実は中は予想外に広くスライド式なら大人が2人寝られるベッドを入れることもできます。
取り回しの楽さで団塊の世代や、独身女性の一人旅にもぴったりです。
500万円以上が相場のキャンピングカーですが、軽自動車ならば車体価格が200万円を切るものまであるのでキャンピングカーがぐっと身近になりますね。
何といっても、ガソリン代や保険、車検代などが軽自動車料金で通常のキャンピングカーに比べるとかなり格安なのも魅力です。
それ以外にも軽キャンピングカーのメリットはたくさんあります。例えば、小回りが利くし、洗車もラク、駐車場だって困りません。
だんだん軽自動車のキャンピングカーが欲しくなって来たところで、どうすれば手に入れることができるかを紹介します。
まずディーラーで買う方法がありますが、軽自動車のキャンピングカーは、通常のディーラーや中古車店では扱っていないので、ネットなどで専門店を調べて行きましょう。
もうひとつは、業者で改造してもらう方法です。中にはプロ顔負けの自作をしている人や、中に寝ることで無理やりキャンピングカーだと言い張っている人も・・・。
軽自動車のキャンピングカーを手に入れた日から、あなたのフィールドはキャンプ以外にも釣りやバードウオッチング、登山や写真撮影と無限に広がって行くでしょう。
自然のフィールドだけではなく、軽自動車のキャンピングカーなら駐車場にも困らないので街中でも活躍してくれます。広い車内にたくさんの買い物を詰め込むこともOKです。

キャンピングカーの軽自動車版と言われても、ちょっと想像がしにくいと思います


キャンピングカーの軽自動車版と言われても、ちょっと想像がしにくいと思います。実は、これが今ちょっとしたブームになっているのです。

シニアカップルが温泉めぐりをしたり、独身女性がペットを連れて気ままに一人旅をしたりなんていうのも軽自動車のキャンピングカーにはぴったりです。
一般のキャンピングカーは500万円以上するものがほとんどですが、軽自動車のキャンピングカーなら、300万円以下で買えるものが多いですね。
何といっても、ガソリン代や保険、車検代などが軽自動車料金で通常のキャンピングカーに比べるとかなり格安なのも魅力です。
金銭面の魅力以外にも、軽自動車のキャンピングカーのメリットは、洗車がラク、運転がしやすい、駐車場に困らないなどが挙げられます。

まずはディーラーで購入する方法ですが、普通のディーラーでは扱っていないので、ネットや雑誌で軽自動車のキャンピングカー専門店を探して資料請求してみましょう。
また、改造を専門に行なっている業者に持ち込む手もあります。予算や自分の好みで改造できるのが利点ですね。
軽自動車のキャンピングカーは、そのコンパクトなボディを活かして、普通のキャンピングカーでは行けないような場所でも活躍します。バードウオッチングなどにも最適です。

だからこそ、アウトドア派の男性以外にも、若い女性やシニア層に注目されているのでしょうね。

軽自動車にもキャンピングカーがあるって知っていますか?


軽自動車にもキャンピングカーがあるって知っていますか?キャンピングカーというと、その中で生活もできるイメージなので、軽自動車となると想像しにくいかも知れません。
2畳ほどのスペースは、中に入ってみると以外に広く、トイレや2段ベッドこそないものの、女性なら寝ることもできるベッドや簡易キッチンも付いています。
取り回しの楽さで団塊の世代や、独身女性の一人旅にもぴったりです。
一般的にキャンピングカーは500万円を下らないのですが、軽自動車のキャンピングカーの場合なら300万円以下で買えることがほとんどです。
軽自動車ということもあり、ガソリン代・保険料・車検料金などの維持費が、通常のキャンピングカーに比べて安いのも魅力です。
それ以外にも軽キャンピングカーのメリットはたくさんあります。例えば、小回りが利くし、洗車もラク、駐車場だって困りません。
だんだん軽自動車のキャンピングカーが欲しくなって来たところで、どうすれば手に入れることができるかを紹介します。
まず、ディーラーで購入する場合ですが、普通のディーラーや中古車店では扱っていないので、ネットや雑誌で専門店を探して資料請求をしてみましょう。
もうひとつは、業者で改造してもらう方法です。中にはプロ顔負けの自作をしている人や、中に寝ることで無理やりキャンピングカーだと言い張っている人も・・・。
軽自動車のキャンピングカーを手に入れた日から、あなたのフィールドはキャンプ以外にも釣りやバードウオッチング、登山や写真撮影と無限に広がって行くでしょう。
軽自動車のキャンピングカーの活躍するのは、自然の中だけではありません。店先の駐車場やコインパーキングにも停められるので、街中でも安心。ショッピングやグルメスポット巡りと行動エリアはさらに広がります。
これが、アウトドア派の男性だけではなく、シニア層や若い女性にも注目されている大きな理由なのかもしれません。

キャンピングカーは知っているけど、それの軽自動車版なんてあるの?


キャンピングカーは知っているけど、それの軽自動車版なんてあるの?初めに軽自動車のキャンピングカーの話を聞くとほとんどの人がそう言います。
2畳ほどのスペースには、冷蔵庫は無理でも簡易型のキッチンや、女性や子供なら普通に寝られるベッドだって装備されています。
ターゲットとしては、アウトドア志向の男性はもちろん、シニアカップルやなんと独身女性にも注目されています。
キャンピングカーを買う予算は、普通500万円は用意しなければいけませんが、軽自動車ならば200万円台、軽のワンボックスを持っているのなら、100万円以下で改造できてしまいます。
何といっても、ガソリン代や保険、車検代などが軽自動車料金で通常のキャンピングカーに比べるとかなり格安なのも魅力です。
経費以外にも軽自動車ならではの長所は、小回りが利く、駐車場も軽専用のところにも停められるなど様々です。
それでは、軽自動車のキャンピングカーをどこで手に入るかを紹介しましょう。
まず購入する場合ですが、通常のカーディーラーや中古車点では扱っていることが少ないので、軽自動車のキャンピングカー専門店をさがすところから始めます。
もうひとつは、業者で改造してもらう方法です。中にはプロ顔負けの自作をしている人や、中に寝ることで無理やりキャンピングカーだと言い張っている人も・・・。
釣り等に行くときにも、軽自動車キャンピングカーは活躍します。小さな車しか入れない埠頭や渓流でも軽なら大丈夫。
軽自動車のキャンピングカーの活躍するのは、自然の中だけではありません。店先の駐車場やコインパーキングにも停められるので、街中でも安心。ショッピングやグルメスポット巡りと行動エリアはさらに広がります。
これが、アウトドア派の男性だけではなく、シニア層や若い女性にも注目されている大きな理由なのかもしれません。

軽自動車のキャンピングカー、略して軽キャンパーと呼ばれることもありますが


軽自動車のキャンピングカー、略して軽キャンパーと呼ばれることもありますが、実は中は予想外に広くスライド式なら大人が2人寝られるベッドを入れることもできます。
普通のキャンピングカーだと、アウトドア志向の男性や家族連れなどがターゲットですが、軽自動車のキャンピングカーの場合は、独身の女性やシニアカップルにも人気があります。
キャンピングカーを買う予算は、普通500万円は用意しなければいけませんが、軽自動車ならば200万円台、軽のワンボックスを持っているのなら、100万円以下で改造できてしまいます。
何といっても、ガソリン代や保険、車検代などが軽自動車料金で通常のキャンピングカーに比べるとかなり格安なのも魅力です。
金銭面の魅力以外にも、軽自動車のキャンピングカーのメリットは、洗車がラク、運転がしやすい、駐車場に困らないなどが挙げられます。
それでは、軽自動車のキャンピングカーをどこで手に入るかを紹介しましょう。

もうひとつの方法は、普通の軽ワゴンを改造してしまうというものです。専門の業者もありますし、腕に自身がある人は自作に挑戦してみるのもいいですね。

とは言っても、いつも自然の中に行くわけでもないですよね。そんな時も軽のキャンピングカーなら安心。店先の駐車場やコインパーキングにも停められるのでショッピングにも活躍してくれます。
だからこそ、アウトドア派の男性以外にも、若い女性やシニア層に注目されているのでしょうね。

軽自動車にもキャンピングカーがあるのを知っていますか?


軽自動車にもキャンピングカーがあるのを知っていますか?普通のキャンピングカーはトラック顔負けの大きなものですよね。ところが、実際に軽のキャンピングカーは存在します。
子供や女性なら寝ることもできますし、スライド式のベッドにすれば大人2人だって大丈夫です。冷蔵庫は無理でも、簡易型のキッチンだって付いています。
普通のキャンピングカーだと、アウトドア志向の男性や家族連れなどがターゲットですが、軽自動車のキャンピングカーの場合は、独身の女性やシニアカップルにも人気があります。
500万円以上が相場のキャンピングカーですが、軽自動車ならば200万円台で買えてしまうものが多いですね。
安いのは値段だけではありません。なにしろ軽自動車ですから、ガソリン代や車検料金なども通常のキャンピングカーとは比べ物になりません。
維持費以外にも軽自動車のキャンピングカーにはメリットがたくさんあります。小回りも効くし、軽自動車用の駐車場に停めることも出来ます。

なんとネットオークションに出品されていることもありますが、通常は軽自動車のキャンピングカー専門店を探すのが一番です。

釣り等に行くときにも、軽自動車キャンピングカーは活躍します。小さな車しか入れない埠頭や渓流でも軽なら大丈夫。
自然の中だけではありません。街中でも店先の駐車場やコインパーキングに停められるので、グルメスポットめぐりも出来てしまいます。
これがアウトドアな男性だけでなく、若い女性にも人気がある秘密なのかもしれません。

車種によっては、軽自動車でも2畳ほどのスペースがあり、簡易型のキッチンや、スライド式で大人2人が寝られるくらいのベッドもあります。


車種によっては、軽自動車でも2畳ほどのスペースがあり、簡易型のキッチンや、スライド式で大人2人が寝られるくらいのベッドもあります。
アウトドア志向の男性だけではなく、なんと独身の女性からも注目されている軽自動車のキャンピングカー。
キャンピングカーというと、500万円以上が相場ですが、軽自動車のキャンピングカーなら300万円しないで手に入ってしまいます。

軽自動車のキャンピングカーなら経費が安いだけではなく、小回りも利くし、軽自動車専用の駐車場や立体駐車場にも入れるなど、様々な長所があります。
では、軽自動車のキャンピングカーはどこに行けば手に入れることができるのでしょう?
まず、ディーラーで購入する場合ですが、普通のディーラーや中古車店では扱っていないので、ネットや雑誌で専門店を探して資料請求をしてみましょう。

軽自動車のキャンピングカーが活躍するのは、キャンプだけではありません。釣りに行くときも、小さな車しか入れないような埠頭や渓流の入り口まで行くことができます。
旅先のグルメスポットを回るときにも、店先の駐車場やコインパーキングにも停めることができるので行動エリアも一気に広がります。
自然の中でも街中でも活躍の場所を選ばないのが、アウトドア派の男性はもちろん、若い女性やシニアにも人気がある理由なのでしょう。

キャンピングカーの軽自動車版と言われても、ちょっと想像がしにくいと思います。


キャンピングカーの軽自動車版と言われても、ちょっと想像がしにくいと思います。実は、これが今ちょっとしたブームになっているのです。
略して軽キャンパーとも呼ばれますが、車種によっては女性なら寝ることが出来るくらいのベッドや簡単なキッチンだってあります。
メーカーのターゲットとしては、子育てを終えたシニアカップルあたりのようですが、実は独身の女性からも熱い視線を浴びています。
予算も新車を買うのなら250万円前後、軽のワンボックスを持っているのなら100万円以下でキャンピングカーに改造してもらえます。
キャンピングカーと言っても、元は軽自動車ですからガソリン代・保険料・車検料金など維持費もかなり安いのも魅力です。

魅力満載の軽キャンピングカーですが、どうしたら手に入れることができるのでしょうか?
なんとネットオークションに出品されていることもありますが、通常は軽自動車のキャンピングカー専門店を探すのが一番です。
それから、普通の軽ワゴンを改造する方法もあります。専門の業者に持ち込むのが無難ですが、自作に挑戦している人もたくさんいます。ネットで探してみるとおもしろいですね。
せっかく軽自動車のキャンピングカーを手に入れたら、キャンプだけではもったいありません。コンパクトなボディは、釣りやバードウオッチング、登山やスキー、そして温泉めぐりとあなたのフィールドを広げてくれます。
自然のフィールドだけではなく、軽自動車のキャンピングカーなら駐車場にも困らないので街中でも活躍してくれます。広い車内にたくさんの買い物を詰め込むこともOKです。
さらに、見た目にも可愛らしいとなれば、アウトドア派の男性だけのものにしておくのはもったいないですね。

2畳ほどのスペースは、中に入ってみると以外に広く、トイレや2段ベッドこそないものの、女性なら寝ることもできるベッドや簡易キッチンも付いています



2畳ほどのスペースは、中に入ってみると以外に広く、トイレや2段ベッドこそないものの、女性なら寝ることもできるベッドや簡易キッチンも付いています。
実際に運転をしてみれば、予想外に軽快な走りに驚くかもしれません。アウトドア志向の男性から、子育てを終えたシニアカップルまで楽しく使えますね。
一般的にキャンピングカーは500万円を下らないのですが、軽自動車のキャンピングカーの場合なら300万円以下で買えることがほとんどです。
さらに軽自動車ですから、車体価格だけではなくガソリン代や保険料などの維持費も通常のキャンピングカーに比べるとかなり安いのも魅力的です。
軽自動車のキャンピングカーの長所は、経費が安いだけではありません。見た目の可愛さはもちろん、小回りも利くし、駐車場にも困ることはありません。

まずはディーラーで購入する方法ですが、普通のディーラーでは扱っていないので、ネットや雑誌で軽自動車のキャンピングカー専門店を探して資料請求してみましょう。
それから、普通の軽ワゴンを改造する方法もあります。専門の業者に持ち込むのが無難ですが、自作に挑戦している人もたくさんいます。ネットで探してみるとおもしろいですね。
軽自動車のキャンピングカーが活躍するのは、キャンプだけではありません。釣りに行くときも、小さな車しか入れないような埠頭や渓流の入り口まで行くことができます。
店先の駐車場やコインパーキングにも気軽に停められるので、グルメスポット巡りをするなんていう楽しみ方もできてしまいます。
これでは、活動的な女性も放っておくわけには行かないですね。

軽自動車のキャンピングカーって聞いたことはありますか?


軽自動車のキャンピングカーって聞いたことはありますか?普通、キャンピングカーというとトイレやキッチンもあるような大きな車を想像しますよね。ところが、
さすがに冷蔵庫やトイレはないものの、2畳ほどのスペースは予想外に広く、スライド式のベッドなら大人2人が寝る事だって可能です。
取り回しの楽さで団塊の世代や、独身女性の一人旅にもぴったりです。
一般的にキャンピングカーは500万円を下らないのですが、軽自動車のキャンピングカーの場合なら300万円以下で買えることがほとんどです。
さらに軽自動車ですから、車体価格だけではなくガソリン代や保険料などの維持費も通常のキャンピングカーに比べるとかなり安いのも魅力的です。
そして、小回りが利くので運転がしやすい、駐車場に困ることがないというのも、経費以外の魅力なのは確かです。

まず、ディーラーで購入する場合ですが、普通のディーラーや中古車店では扱っていないので、ネットや雑誌で専門店を探して資料請求をしてみましょう。

軽自動車のキャンピングカーは、そのコンパクトなボディと広い車内を行かしてキャンプ以外にも登山やスキー、バードウオッチングや釣りなど、様々な場所で活躍してくれます。
自然のフィールドだけではなく、軽自動車のキャンピングカーなら駐車場にも困らないので街中でも活躍してくれます。広い車内にたくさんの買い物を詰め込むこともOKです。
アウトドア派の男性だけでなく、若い女性やシニア層にも受けているのは、そんなところも理由なのかも知れません。

キャンピングカーと言うと、トラックのような大きな車を想像しますよね。


キャンピングカーと言うと、トラックのような大きな車を想像しますよね。ところが、軽自動車をベースにしたキャンピングカーがあるのです。
車種によっては、軽自動車でも2畳ほどのスペースがあり、簡易型のキッチンや、スライド式で大人2人が寝られるくらいのベッドもあります。
メーカーのターゲットとしては、子育てを終えたシニアカップルあたりのようですが、実は独身の女性からも熱い視線を浴びています。
通常のキャンピングカーだと500万円はしますが、軽自動車の場合だと200万円台で買えてしまいます。
ガソリン代や車検料金、高速料金なども通常のキャンピングカーに比べるとかなり経済的です。なにせ軽自動車ですから(笑)。
軽自動車のキャンピングカーなら経費が安いだけではなく、小回りも利くし、軽自動車専用の駐車場や立体駐車場にも入れるなど、様々な長所があります。
それでは、軽自動車のキャンピングカーをどこで手に入るかを紹介しましょう。
まずディーラーで買う方法がありますが、軽自動車のキャンピングカーは、通常のディーラーや中古車店では扱っていないので、ネットなどで専門店を調べて行きましょう。
もうひとつは、業者で改造してもらう方法です。中にはプロ顔負けの自作をしている人や、中に寝ることで無理やりキャンピングカーだと言い張っている人も・・・。
軽自動車のキャンピングカーを手に入れた日から、あなたのフィールドはキャンプ以外にも釣りやバードウオッチング、登山や写真撮影と無限に広がって行くでしょう。
駐車場に困ることがないのも軽キャンピングカーの特徴なので、街中のグルメスポットを巡るのもOKです。
アウトドア派の男性だけでなく、若い女性やシニア層にも受けているのは、そんなところも理由なのかも知れません。

普通のキャンピングカーはトラック顔負けの大きなものですよね。


軽自動車にもキャンピングカーがあるのを知っていますか?普通のキャンピングカーはトラック顔負けの大きなものですよね。ところが、実際に軽のキャンピングカーは存在します。
2畳ほどのスペースは、中に入ってみると以外に広く、トイレや2段ベッドこそないものの、女性なら寝ることもできるベッドや簡易キッチンも付いています。
通常、キャンピングカーというと家族連れやアウトドア志向の男性がターゲットになりますが、取り回しの楽さがウケてシニアカップルや独身女性にも人気です。
予算も新車を買うのなら250万円前後、軽のワンボックスを持っているのなら100万円以下でキャンピングカーに改造してもらえます。
何といっても、ガソリン代や保険、車検代などが軽自動車料金で通常のキャンピングカーに比べるとかなり格安なのも魅力です。
軽自動車のキャンピングカーなら経費が安いだけではなく、小回りも利くし、軽自動車専用の駐車場や立体駐車場にも入れるなど、様々な長所があります。
ところで、軽自動車のキャンピングカーなんてどこで手に入るのでしょうか?
まずはディーラーで購入する方法があります。ただし、その辺のカーディーラーでは扱っていないので、ネットなどで調べて行きましょう。
また、改造を専門に行なっている業者に持ち込む手もあります。予算や自分の好みで改造できるのが利点ですね。
軽自動車のキャンピングカーを手に入れた日から、あなたのフィールドはキャンプ以外にも釣りやバードウオッチング、登山や写真撮影と無限に広がって行くでしょう。
店先の駐車場やコインパーキングにも気軽に停められるので、街中でも活躍してくれます。もちろん、広い車内は買い物をした荷物をラクラク積むことができます。
これでは、活動的な女性も放っておくわけには行かないですね。

キャンピングカーと言うと、トラックのような大きな車を想像しますよね。


キャンピングカーと言うと、トラックのような大きな車を想像しますよね。ところが、軽自動車をベースにしたキャンピングカーがあるのです。
車種によっては、軽自動車でも2畳ほどのスペースがあり、簡易型のキッチンや、スライド式で大人2人が寝られるくらいのベッドもあります。
取り回しも楽なので、アウトドア志向の男性や家族連れだけでなく、団塊の世代が温泉めぐりをしたり、独身女性がペットを連れて気楽に一人旅をしたりなんていうことにも最適です。
キャンピングカーというと、500万円以上が相場ですが、軽自動車のキャンピングカーなら300万円しないで手に入ってしまいます。
それにキャンピングカーではあっても、元は軽自動車ですから、ガソリン代や車検料金などの維持費だってとてもお得です。
金銭面以外に軽自動車のキャンピングカーにはどのようなメリットがあるかというと、良く言われるのは小回りが利くので運転しやすい、駐車場に困らないなどです。
では、軽自動車のキャンピングカーはどこに行けば手に入れることができるのでしょう?
まず、ディーラーで購入する場合ですが、普通のディーラーや中古車店では扱っていないので、ネットや雑誌で専門店を探して資料請求をしてみましょう。
それから、普通の軽ワゴンを改造する方法もあります。専門の業者に持ち込むのが無難ですが、自作に挑戦している人もたくさんいます。ネットで探してみるとおもしろいですね。
軽自動車のキャンピングカーが活躍するのは、キャンプだけではありません。釣りに行くときも、小さな車しか入れないような埠頭や渓流の入り口まで行くことができます。
駐車場に困ることがないのも軽キャンピングカーの特徴なので、街中のグルメスポットを巡るのもOKです。
これでは、活動的な女性も放っておくわけには行かないですね。

軽自動車のキャンピングカーが秘かな人気を集めています


軽自動車のキャンピングカーが秘かな人気を集めています。「軽のキャンピングカー?そんなの無茶だよ。」という声が聞こえてきそうです。
子供や女性なら寝ることもできますし、スライド式のベッドにすれば大人2人だって大丈夫です。冷蔵庫は無理でも、簡易型のキッチンだって付いています。
取り回しも楽なので、アウトドア志向の男性や家族連れだけでなく、団塊の世代が温泉めぐりをしたり、独身女性がペットを連れて気楽に一人旅をしたりなんていうことにも最適です。
予算も新車を買うのなら250万円前後、軽のワンボックスを持っているのなら100万円以下でキャンピングカーに改造してもらえます。
安いのは値段だけではありません。なにしろ軽自動車ですから、ガソリン代や車検料金なども通常のキャンピングカーとは比べ物になりません。
もちろん金銭面だけではありません。軽自動車のキャンピングカーならではのメリットとして、小回りが利く、駐車スペースに困らないなど長所はたくさんあります。
だんだん軽自動車のキャンピングカーが欲しくなって来たところで、どうすれば手に入れることができるかを紹介します。
まず購入する場合ですが、通常のカーディーラーや中古車点では扱っていることが少ないので、軽自動車のキャンピングカー専門店をさがすところから始めます。
また、改造を専門に行なっている業者に持ち込む手もあります。予算や自分の好みで改造できるのが利点ですね。
せっかく軽自動車のキャンピングカーを手に入れたら、キャンプだけではもったいありません。コンパクトなボディは、釣りやバードウオッチング、登山やスキー、そして温泉めぐりとあなたのフィールドを広げてくれます。

自然の中でも街中でも活躍の場所を選ばないのが、アウトドア派の男性はもちろん、若い女性やシニアにも人気がある理由なのでしょう。
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。